« 鮎に使うライフショートベスト | トップページ | ワカサギ可変穂先アダプター »

2012年3月 8日 (木)

ネオプレーンジャケットの方が良いのかな?

皆さんお疲れ様です。

前の記事でライフベストの話を書いた所

皆さん私のブログには珍しく食いついてくれて

コメントを沢山頂きありがとうございました

私もわかっとります

師匠みたいに胸まで立ち込んで激流で釣るわけではありません

私の限界はお腹までです(笑)

ただ、去年初めて米代を経験して思ったのは

膝上から腿位の所でも押しの強い所や

同じ深さの所でも1歩2歩前に出ると川の流れが変わり

いきなり押しが強くなる所も沢山ありました

転びそうになるのもしばしば・・・。

その為の保険にライフベストを付けようかと考えていました。

私も無理も無茶もしません

ただ、鮎釣りを楽しみたいだけ

米代にも通いたいし雨で若干増水した川でも

安心してはいっていけるようにと思って購入を考えてました(笑)

他の選択が無かったので分からなかったのですが、

坊ちゃんのコメでネオプレーンジャケットの選択もあるんですね

ネオプレーンジャケットは防寒の為だと思っていたので

これはありがたい

ところで、どれを買えばいいの??

11558_thumb_2

15676_thumb

11728_thumb_4

各メーカー色々あるよね?

値段で言ったら阪神素材なんだけど

でも、やっぱり厚さ3ミリのガマやダイワがいいのかな?

う~ん

わからん

坊ちゃん教えて!!(笑)



|

« 鮎に使うライフショートベスト | トップページ | ワカサギ可変穂先アダプター »

」カテゴリの記事

コメント

ふんどし一丁で(笑

ウエットタイツ常着で問題ないと思うよ。
一日中「首まで」浸かって釣ったり、激流下りするんじゃないんだしww

投稿: みかわ | 2012年3月 9日 (金) 07時50分

えーとメーカーはデザイン好きなやつで、どこでも、よいと思います!
んで、ほぼ腰までたちこんで釣るとか、川を渡るとかなら3ミリで長袖で、股下がついてるタイプが、体温・安全性の点でオススメです。熱中症さけるにはなるべく腰くらいまでたちこんでたほうがいいかも(笑
1、5ミリは保温と安心感かなぁと思ってます(^O^)
とはいえ僕、1、5ミリ長袖タイプと、袖無し股下無しの3ミリのベスト型しか持ってません(涙
3ミリ長袖股下ありを買おうとしたら在庫切れで、1、5ミリを買いました(涙
米代の深い所をやるのがわかってるなら3ミリ長袖を親父に借りていきますよ!

投稿: 坊ちゃん | 2012年3月 9日 (金) 08時08分

あ、そうそう、深い所行くなら絶対、鮎タイツにしましょうね!ウェーダーやドライタイツは危なすぎ!

投稿: 坊ちゃん | 2012年3月 9日 (金) 08時12分

もしもの時の安心感をとるなら、3mmの股付きがベストでしょうね。でも坊ちゃんさんと一緒で鮎タイツ前提です!ウェーダーやドライタイツはダメですよ!足に空気が入り浮いてしまうから危険です!

オイラはがまファンなので、がまの両面ジャージ仕様の3mm厚で着やすさを重視してます。保温性をとるならチタン配合の阪神素地もお勧めですが着るのが大変かも…(^^;

利点・カッパ代り、寒さ防止、虫刺され防止
欠点・熱い、ちょっと動き難い、汗疹がでる

ってとこでしょうかね~。

投稿: 夏は鮎好き | 2012年3月 9日 (金) 20時07分

>みかわさん

いや、
念には念を入れないと(笑)
ま、ウェットは常時履いてますから
保険ですよ

投稿: こましゅんパパ | 2012年3月 9日 (金) 23時33分

>坊ちゃん

ありがとう!坊ちゃん!
参考にします♪
ウェットタイツは常時履いてるので
大丈夫かと思います。
解禁や気仙や雫石ではドライ履いてますが(笑)
各メーカー探してみますね。
ホント親切にありがとう!!

投稿: こましゅんパパ | 2012年3月 9日 (金) 23時36分

>夏鮎さん

夏鮎さんも本とありがとうございます!!
参考になります!
やはり、米代にも行きたいですし
購入しようと考えています。
ただ、暑いんですねヤッパリ
私肌弱いんで、汗疹でそう(笑)

投稿: こましゅんパパ | 2012年3月 9日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182164/54174129

この記事へのトラックバック一覧です: ネオプレーンジャケットの方が良いのかな?:

« 鮎に使うライフショートベスト | トップページ | ワカサギ可変穂先アダプター »